« 西大分の車窓から | トップページ | MEXICAN SKULL いっぱいでけた »

2010年5月28日 (金)

サーフボードのフィンケース

Que honda

先日、サーフィンをしている知人にサーフボードのフィンを入れるケースを革で作ってくれと頼まれました

以前も乾電池の充電器と予備の乾電池を一緒に入れられるケースの作成も頼まれた事があるんやけど、いつも発想がオもろくて作り甲斐のある物を頼んでくれる人である

で今回出来上がったのがこれ

Dcf_0012_2

糸の色は海をイメージして水色

Dcf_0010

マチの部分の革は、エイの型押しの牛革Dcf_0009

本体の革はヌメ革を使用

六角レンチを入れるポケットも付けてフタの開閉用のヒモにはメキシコカラーのビーズを使用

フィンが3枚入るように仕切りを作っているんやけど、4枚用の物はマチの太さを少し細くしてかさばり過ぎないように調整しなくちゃいけない Dcf_0011完成品を見たらなんとも言えない存在感の物体になっていたので、満足してもらえるだろう(◎´∀`)ノ

オーダーもんが片付いたらメキシカンスカルシリーズの製作に戻ってSHOPの方に出品していこっと

今、スカルの模様入れを行っているのでその分の写真も後日アップしよっと

ほいじゃぁ、 今日はこの辺で・・・ Hasta luego

Hand Made Craft Shop MI BARRIO” よろしくメカドック

アドレスは、http://mi-barrio.jimdo.com/

このブログにもコメント宜しくねっ

|

« 西大分の車窓から | トップページ | MEXICAN SKULL いっぱいでけた »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サーフボードのフィンケース:

« 西大分の車窓から | トップページ | MEXICAN SKULL いっぱいでけた »