« メキシカンスカル作成の過程その2 | トップページ | 西大分のかんたん港園 「フードフェスタ」 »

2008年9月10日 (水)

死者の日メキシカンスカル

Photo いつもメキシカンスカル(シュガースカル)の小物入れとかいっちょるけど、”なんじゃらほい?”と思っちょる方も多いと思う

そもそもメキシカンスカルっちゅうのは、メキシコで毎年10月31日~11月2日にかけて行われる死者の日という祭りで、飾られる骸骨(カラベラ)に飾り模様を入れたものの事をいう

写真にあるような模様よりも、もっとド派手なものが多い

砂糖菓子でこの骸骨を作ったりもするので、シュガースカルとも言うらしい

”死は隣にあって、怖いものではない”っちゅう考えなんで、それはそれは楽しく盛り上がる祭りみたい

町中骸骨の飾り付けだらけになっちょって、表情などが非常にコミカル

検索サイトで”死者の日”っち入れて検索すると、その時期の実際の町の風景の写真などが見れちゃう

現地の飾り付けられた骸骨がこれまたカッコイイ

一回その祭りを観に行きたいが、お金がないので行けるわけがない

現地に買いに行けないのなら自分で作ってみちゃん

何で作る?  絵? 物足りん 陶器?  いいかも

いやいや、どうせなら身に付けられる物   う~ん

そうだっ 弟がやってるレザークラフトなんかいいんぢゃない

仕事中に上記の様なことを考え付いた次第で・・・・・・・・

そんならぁ~、いろんな人が持てるようにタバコ、携帯、デジカメなどが入るサイズの小物入れにしようっちゅう訳で作り始めたんやけど、なかなか使い勝手の良い大きさが決めづらい

なんタイプか作って、会社の人に使ってもらったり、弟の店で売ったり

なんだかんだ試行錯誤した上での最終形態が、最近このブログでも紹介しているメキシカンスカル小物入れなのだ

そこにたどり着いたときには、弟の店の実店舗は充電期間に入ってしまっちょったけん、ヤフーのオークションに出品することにしたんだなぁ

出品の為の準備をしているので、上の写真の様に、数を作っているっちゅう話や

来週10日ほど連休を取るんで、その間にもうちょい作りタメて出品するけんご興味を持たれた方”少々お待ちを~”

それと、今日の文章の中で意味が分かり辛いと思う言葉を使っちょるんやけど、それは、大体が大分弁です

地元愛と言う事で今後は大分弁を使った文章にして行こうと思っちょりますんでこのブログの中でプチ大分を体験してみてもらえたら幸いです

分からん言葉は、コメントを寄せていただければ説明するんでヨロシク

(一応、西大分地区在住なのでそんなにヘビーな方言は使っちょらん・・・・・多分大分の人は分かるよなぁ?

ほいじゃ Hasta luego

弟のお店もよろしくお願いします

ハンドメイドレザークラフト ロデオドライブ

Hand made leather factory  Rodeo Drive Rodeodrivehandmade_1179007000

yahooショッピングのアドレスは、

http://store.shopping.yahoo.co.jp/rodeo-drive-handmade/index.html

|

« メキシカンスカル作成の過程その2 | トップページ | 西大分のかんたん港園 「フードフェスタ」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死者の日メキシカンスカル:

« メキシカンスカル作成の過程その2 | トップページ | 西大分のかんたん港園 「フードフェスタ」 »